その週の新鮮なニュースをEz-newz2Uがあなたへお届けします!


by ndislov
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あの日のビートルズ

それは1966年6/30~7/2,あの4人組がついに日本にやって来たのだ。予定よりも遅れてだ。
理由は、台風。アラスカで足止めを食らった4人は日航機で羽田に降りた。
この時、私は高校3年生の夏だった。エレビで見た彼らは何かあっけなかった。
曲数が少なかった。本当にあっという間に終わった。でもそこには確かに彼らのオーラと輝きに満ちた姿が残ったいた。
それから40年目の夏。彼らの内の二人は既にこの世にはいないけれど、私の中には
“あの日のビートルズ”が今も、そしてこれからも輝いき続ける。
そして、この日にもう一度、この歌詞の意味を噛み締め、自分として実践しようと考えています。

Imagine there's no Heaven  It's easy if you try 
No Hell below us Above us only sky
Imagine all the people Living for today…

Imagine there's no countries It isn't hard to do
Nothing to kill or die for No religion too
Imagine all the people Living life in peace…

  You may say I'm a dreamer
  But I'm not the only one
  I hope someday you'll join us
  And the world will be as one

Imagine no possessions I wonder if you can
No need for greed or hunger A brotherhood of man
Imagine all the people Sharing all the world…

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

あなたにも、あなたの「あの日のビートルズ」がいると思います。
静かに、彼らと向かい合いましょうよ!
b0008999_17414341.jpg

[PR]
by ndislov | 2006-07-02 17:41 | エッセイ