その週の新鮮なニュースをEz-newz2Uがあなたへお届けします!


by ndislov
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

えぇ〜お早うございます!今週1週間の結果ですが、
まず株価=日経平均は上がりましたね!
7/25(月)の終値が11,762.65円→昨日の終値が11,899.60円、なんと+136.95円です。
郵政民営化法案の否決から衆議院解散総選挙のシナリオが言われ、かなりの下げと見た向きもありましたが、現実は上記の通りでした。
続きまして為替です。
ドル/円は111.50円で始まり112.47。こちらは97銭の円安ドル高で終わっています。
先週の元の2%切り上げに反応したもののドルは値を戻しつつありますが、まだその時の値段まで戻っていない所が今のドルの評価じゃないでしょうか?
原油はNY原油先物9月限終値、前日比△0.63ドル、60.57ドルと週後半は戻しています。
米製油所の火災などを受けて国際指標となる米国産WTI原油の先物価格が続伸し、一時1バレル=61.05ドルと、13日以来の61ドルを記録した。終値は前日比0.63ドル高い60.57ドルでした。
NY金先物8月限終値は、前日比△2.50ドル、429.90ドルとこちらも上げ基調ですね。
さて、次週はいよいよ8月9日にはFOMCが開かれ更なる利上げか?
以上でした。
[PR]
by ndislov | 2005-07-31 06:43 | 経済topics
最近、itune4.9からpodcastingがフリーで聞いたり発信したり出来るようになって毎日聴いています。本当は自分でもこのブログとの連携で音声配信をしたいのですが、今の所準備中なんです。
ところでそんなpodcastの中で「my cup of tea」はよく聴く番組なんですね。
そこで紹介されていたのが「ホワイトバンド」です。
b0008999_2335826.jpg

これは、腕輪なんですがチャリティ目的で、プラスティック製で星が3つ刻まれています。
これは、チャリティイベント「LIVE 8」(2005年7月2日-)とともに、全世界で展開される貧困撲滅に向けたムーブメントでして、各国首脳が国連などの席で機会あるごとに「地球上から貧困を無くすために取り組む」ことを表明しており、2005年現在、依然としてアフリカなどでは3秒に1人の子供が「貧困」を理由に命を落としている。その原因は飢餓、不衛生、と言った物だという事で、人為的に防げる物なんですね!

そこで2005年7月に開かれたG8サミット、9月の国連総会を前に、自国政府に「貧困解消を世界の優先課題にして欲しい」との意思を生活者1人ひとりが表明するための手段として「ホワイトバンド」を身につけることが提案されました。そんなキャンペーンを今、日本でも幾つかのNGO団体が協力してやっていまして、このホワイトバンドを一人でも多くの方に身につけてもらいたいんですよ!


実際、日本に住んでますと太平感があって、そんな事実は知る事もないんです。

このホワイトバンドをしていると、何時でもこの悲惨な事実に気付かされ、こんな私でも少しは
現実を考えられると思って、常に身につけています。

貴方にも是非、身に付けて貰いたいんです!!!  一個300円(寄付されるとの事です)

こちらを→http://www.hottokenai.jp/white/index.html
[PR]
by ndislov | 2005-07-27 23:08 | エッセイ
いやぁぁ!びっくりです!

中国人民銀行(中央銀行)は21日夜、人民元レートを事実上米ドルに固定している為替制度を一新し、同日午後7時から、それまでの1ドル=8・2765元から、1ドル=8・1100元に2%切り上げるとともに、米ドル、欧州ユーロ、日本円の3大通貨に一定割合で連動すると見られる「通貨バスケット制」を採用したと発表した。

21日のロンドン外国為替市場は、中国人民銀行が元相場の変動幅拡大を発表したことで、円が急伸した。円相場は午後零時半すぎ、前日比2円80銭円高ドル安の110円80−90銭をつけた。
 中国人民銀行の発表は昼すぎで、やや取引が薄くなっていた市場を直撃した。前日には米国の利上げ継続観測から1ドル=113円を上回る水準まで売り込まれた円は、「元切り上げで日本企業の輸出環境が好転する」との思惑から急きょ買い戻され、一時は110円前半まで上昇した。
b0008999_23125913.gif


現在(21日午後11時)は円に対して
ドルは110.87〜92、ユーロは134.70〜75、ポンドは193.46〜56です。
[PR]
by ndislov | 2005-07-21 23:14 | 経済topics

7/20本日の指標

まず、
日経平均は東証大引け・続伸し一時1万1800円台回復した。
終値は前日比24円51銭(0.21%)高の1万1789円35銭だった。

米国株、反発 ダウ平均が71ドル高 ナスダックは年初来高値。

ダウ工業株30種平均は前日比71ドル57セント高の1万646ドル56セント。
ナスダック総合株価指数は同28.31ポイント高の2173.18と年初来高値を更新した。

WTIは57.46ドル、昨日から+ 0.14で終えた。

現在(20日 22:40)の円/ドルは112.88〜112.89と昨日から+ 0.29円、円安ドル高
になった。一時は113円台に伸せた。

以上 本日の指標でした。
[PR]
by ndislov | 2005-07-20 23:11 | 経済topics
人気のipod! その人気の1つがituneとのシンクロなんですが、日本では来月8月にスタートと言われていますiTunesMusicStore、好きな曲をいつでも何所からでも1曲99セント(米国)で買える事で評判高いんですよね(毎週火曜日には無料の曲が提供されます)
でなんと、それが売り上げ”5億曲”を達成したんです!!
b0008999_8293894.jpg
米appleサイトではカウントされてましたが、目が回るように数字がカウントされて、私も5億曲目ゲットしようと挑戦しましたが残念!!
ゲットした方には
1、ipod(ipodshuffle以外好きな物)を10台(各、好きな曲50曲入り)
2、10,000曲のギフトカード
3、Coldplayのツアーでのフロントシートチケット10人分
4、そのツアーでのバックステージパス
この幸運を手にしたのは何所の誰なんでしょうか??
 
ところで私がゲットしたとして貰えたのでしょうか?日本の住所は登録できないですからね?
と気付きました!
でも、盛り上がったなあ!!19ヵ国の方って眠れなかったのかな?
次回、100億(1ビリオン)曲の時はもっとすごだろうな!!日本からも当然参加できるしね!
そう言えば、今回は「19ヵ国の」って書かれてましたから。
1億曲目が昨年7/12、2億曲目が12/26、3億曲目が今年の3/3、で5億曲目が7/18
10億曲目はおそらく12月頃かな!!
それにしてもこのスピードの速さ !!ネットワークの驚きの力だ!!
[PR]
by ndislov | 2005-07-18 07:49 | web情報

podcastingを始めます!!

このブログを立ち上げた最大の理由の1つが、経済ニュースの音声配信がしたかったからなんです。それがいよいよ、一気に実現しそうなんです。
明日から始めます!!
もし良ければ、聞いて下さい!!
iPodをお持ちならば、それで聞いて下さい!!

Podcastingの名前は「ez-cast2u」です。
配信は私、ndislov(ニスロフ)です。

よろし〜く
[PR]
by ndislov | 2005-07-16 20:26 | web情報

慎しんで哀悼を!!

英国でのテロ事件の犠牲者に対しまして謹んで哀悼の意を表します。
本当に痛ましい事です。
我が国でもその可能性は大いにありです。
その事で。ポンドは下落、他の通貨も一時下落しましたが、さすが米ドルは戻しましたね
112円の壁を越え113円まで円安ドル高になれば114円は見えてきます。
実にこのところの米ドルは強いなあ!!
b0008999_22452930.gif

[PR]
by ndislov | 2005-07-10 22:46 | 経済topics
やはり、世界的に見れば野球はマイナースポーツということか?
確かに、日本では人気のスポーツだが、最近はやはりそのマイナーな発想
で人気が下がっている事も確かだ。
その昔、「野球はベースボールではない」と言う事を聞いたまたは読んだ事がある。
本当に極めて日本的で閉鎖駅なと言っても過言ではない。
最近また復活して来た御仁がいる限り何時まで経っても同じなような気がします。
これを機会に世界標準を考えられれば対した物だが!!
[PR]
by ndislov | 2005-07-09 15:31 | エッセイ
今、色々と情報を探していると、なんと携帯でitunesが聞けるという事らしい!
こちらでーす...。↓

iTunesが動いている携帯..。

[PR]
by ndislov | 2005-07-04 22:52 | web情報
NY円、8日続落——1ドル=111円75—85銭 約11カ月ぶりの円安

 1日のニューヨーク外国為替市場で円相場は8日続落。前日比85銭円安・ドル高の1ドル=111円75—85銭で取引を終えた。好調な米景気指標の発表を材料に、ドル買い・円売りが優勢となった。

 朝方、111円04銭の高値を付けた後、米景気指標が相次いで改善したことを受けて、対ドルで円が売られた。

 午前9時45分過ぎに伝わった6月の米消費者態度指数(確定値、ミシガン大学調べ)は、速報値の94.8から96.0に上方修正。5月の確定値(86.9)から大幅改善となり、市場予想(94.8前後)も上回った。午前10時にサプライマネジメント協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は53.8%となり、前月(51.4%)から改善。市場予想(51.5%前後)を上回った。

 6月30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表した声明文で、米連邦準備理事会(FRB)が示した米景気への強気な見方を裏付けた格好となり、利上げ継続観測が強まった。10年債利回りが前日から大幅上昇したこともあって、ドル相場は対主要通貨で上昇。円相場は取引終了にかけて111円79銭と、昨年8月13日以来ほぼ11カ月ぶりの安値を付けた。

 円は対ユーロで三営業日ぶりに反発。前日比60銭円高・ユーロ安の1ユーロ=133円60—70銭で終えた。対ドルでユーロ売りが膨らんだのにつられ、対円でもユーロ安が進んだ。

 ユーロは対ドルで三営業日ぶりに大幅反落。前日終値の1ユーロ=1.21ドルちょうど近辺から1.19ドル台半ばまで水準を切り下げた。米景気指標の発表後、低迷するユーロ圏経済との景気格差に着目したドル買いが優勢となった。ユーロは1.1940ドルと、昨年5月24日以来ほぼ1年1カ月ぶりの安値を付ける場面もあった。

以上、日経より
[PR]
by ndislov | 2005-07-02 16:00 | 経済topics